キムラヤブログ3 新しいホームページですぅ → http://www.kimurayasaketen.com/

kimuraya3.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 29日

フランスのクルマ事情

c0338062_14303219.jpg
大好きなクルマのリポートです
c0338062_14291260.jpg
売れてる@1512

名前の通り珈琲ニュアンスあり
c0338062_14290882.jpg
売れてるチリカベ@1728

稲葉さんのど定番
c0338062_14303427.jpg
パリは

貸し自転車もありましたが

主役はクルマ
c0338062_18182143.jpg
アンアンアンと

音がするなあと思ってみたら
c0338062_18182597.jpg
黄色と黒のカリフォルニア

レンタカー20分12000円
c0338062_18184142.jpg
さすが

パリ的なクルマもたくさん
c0338062_14353212.jpg
アストンは
c0338062_14353477.jpg
ラピード
c0338062_14302932.jpg
911や
c0338062_14353087.jpg
GTI(2ドア)は

ごく普通
c0338062_18180823.jpg
タクシーは

メルセデス多かったです
c0338062_14553232.jpg
そうそう

ジュンク堂あった
c0338062_18181787.jpg
ギブリ
c0338062_18172342.jpg
デコトラ
c0338062_18160810.jpg
このあたりは日本と一緒
c0338062_18155928.jpg
おおお
c0338062_18171568.jpg
AMG・GT
c0338062_18171159.jpg
はじめてみた
c0338062_18173805.jpg
205

カッコええですなあ
c0338062_14563229.jpg
基本路駐で
c0338062_14562796.jpg
プリウスは

パリ以外いない
c0338062_14561433.jpg
エリゼ宮周辺大渋滞
c0338062_18173428.jpg
おーーー NC!

左ハンドル以外全部一緒やったです
c0338062_14300520.jpg
パリは

バイク多し
c0338062_14300352.jpg
高速も
c0338062_14300106.jpg
日本と一緒っぽい
c0338062_14302498.jpg
GSは

トタル

c0338062_14302048.jpg
CDGまでの格安ハイヤーは

コレ
c0338062_14300878.jpg
カンボジア人の

サンさん、快適でしたー
c0338062_14302772.jpg
田舎に行くと
c0338062_14292743.jpg
妙に絵になるクルマたち
c0338062_18171935.jpg
この手のガラスなし
c0338062_15462168.jpg
商用車が
c0338062_14295651.jpg
とても気に入りました
c0338062_18174389.jpg
働くクルマも
c0338062_14294043.jpg
カッコいい
c0338062_18180001.jpg
特殊車両も
c0338062_15422813.jpg
カラフルで
c0338062_18174849.jpg
カッコいい
c0338062_18201459.jpg
日本のハイエースは

全部このタイプ

c0338062_18201295.jpg
交差点
c0338062_18200361.jpg
ちょい古クルマも多い

c0338062_18195404.jpg
当然プジョー多いです
c0338062_18194832.jpg
引っ張ってる人も

多かったなあ
c0338062_18194096.jpg
張り紙してるヤツは
c0338062_18194276.jpg
売り物

20万㌔30万円

向こうは、フツーに30万㌔走るそうです


c0338062_18194685.jpg
結構キレイ
c0338062_18193757.jpg
2ドア

何気にかっこいい
c0338062_14564761.jpg
紺ノテ君のノートも

向こうで見るとかっこいい
c0338062_18192753.jpg
トヨタのアイゴ
c0338062_18192451.jpg
日本で売ればいいのにね
c0338062_18192126.jpg
田舎でもアストンいた
c0338062_18191954.jpg
はい

マイクロカーです
c0338062_18191636.jpg
小さいよね
c0338062_18193404.jpg
至る所で見かけました
c0338062_18191316.jpg
GTDもたくさん
c0338062_18190434.jpg
この4台が

フランス代表って感じ
c0338062_18162637.jpg
2CV
c0338062_18190159.jpg
ケイマン
c0338062_18185876.jpg
ヴァナゴン
c0338062_18185514.jpg
大好きなカングー
c0338062_14554975.jpg
緑色のシトロエンも
c0338062_14555709.jpg
よくみかけた

ミニバンブームのようで
c0338062_15462862.jpg
パリでも田舎でも
c0338062_15462577.jpg
すっごく多かったです
c0338062_14554567.jpg
c0338062_14554137.jpg
c0338062_18162299.jpg
それと

レンジローバーは色んなタイプが
c0338062_14560266.jpg
至る所に
c0338062_18161553.jpg
ありました

c0338062_18181325.jpg
極めつけが

コレ
c0338062_14561891.jpg
この人たちが乗ってた
c0338062_18165570.jpg
タクシーも乗った

パリ・リヨン駅からホテルへ
c0338062_18165900.jpg
向こう3人
c0338062_18170691.jpg
こっち3人の6人乗り
c0338062_18170287.jpg
料金表示はココ

分かりやすいね
c0338062_18164701.jpg
ヴォーヌロマネからディジョンは

人生初の

A8
c0338062_18165109.jpg
素晴らしい乗り心地でした



[PR]

by kimurayasaketen3 | 2016-02-29 15:33 | Comments(0)
2016年 02月 28日

フランスのモーターサイクルとバス

c0338062_18185006.jpg
今朝のオクラ

(ロドスタ、ロングノーズでかっこいいよね)
c0338062_18184410.jpg
快晴で2時間
c0338062_18184768.jpg
腹上40点でした
c0338062_18183811.jpg
フランスのバイク事情

トラ
c0338062_18183446.jpg
XL
c0338062_18163551.jpg
GPZ
c0338062_18163903.jpg
バンディット
c0338062_18152432.jpg
トラ

c0338062_18191086.jpg
ベータ
c0338062_18190742.jpg
2スト50やった
c0338062_18200027.jpg
グッチの
c0338062_18200682.jpg
サイドカー
c0338062_18221308.jpg
50%以上は

三輪スクーター
c0338062_18221789.jpg
寒さ除け
c0338062_18161893.jpg
20年前は

オフローダー多かったんだけどなー

c0338062_18224814.jpg
お馬ちゃんを
c0338062_18233123.jpg
運ぶのは
c0338062_18233532.jpg
古いルノーで

カッコよかった
c0338062_18230327.jpg
市民の足

トランスコ
c0338062_18225101.jpg
僕らのバス停は

ヴォーヌロマネ
c0338062_18225680.jpg
1時間に一本はありました

ディジョン → 

マルサネ → フィサン → ジュブシャン → モレサンドニ →

シャンボル → ヴージョ → ヴォーヌロマネ → ニュイサンジョルジュ 

→ ボーヌ

まさにグランクリュ街道
 
c0338062_18234274.jpg
44番線

ボーヌ行き
c0338062_18234451.jpg
運賃1.5ユーロ
c0338062_18231574.jpg
長距離バス車両なので

ゆったり
c0338062_18231963.jpg
道は
c0338062_18230780.jpg
コートドール(黄金の丘)を通るので
c0338062_18232390.jpg
見てて飽きません
c0338062_18235073.jpg
ボーヌから帰るときは

ディジョン行き

c0338062_18202690.jpg
それから

郵便自動販売機もチャレンジ
c0338062_18223363.jpg
英語が出るので

なんとなし解る

ハガキ → エアメール → 重さ → 支払い
c0338062_18203025.jpg

このシールが切手

日本まで1.25ユーロ

うん簡単簡単


[PR]

by kimurayasaketen3 | 2016-02-28 19:31 | Comments(0)
2016年 02月 27日

ボーヌの美味しいレストラン

c0338062_16385432.jpg
まだまだ続く

おフランスネタ
c0338062_15182552.jpg
宮崎・萬年

揃ってマス
c0338062_15182134.jpg
おフランスから

よく見かけた国民的ビスケット

サンミッシェル@432入荷でーす
c0338062_15181804.jpg
いつもの

カーレッティも山盛り入荷
c0338062_15181103.jpg
エンスーさんに出てる

保存しなければいけないクルマTT
c0338062_15181439.jpg
2001年 76万円
c0338062_15173846.jpg
走行1万㌔げなよ
c0338062_15203910.jpg
グランクリュが見える

アンヌさんちを出て
c0338062_15204260.jpg
国鉄SNSFまでは

畑を通って60分で
c0338062_15183273.jpg
ニュイサンジョルジュ駅
c0338062_15204983.jpg
そこから9分で
c0338062_15205341.jpg
ボーヌ駅

やはりシトロエン、ルノー多いですね

水色は新型トゥインゴ
c0338062_15210172.jpg
駅から5分で
c0338062_15210423.jpg
ボーヌ中心部
c0338062_15211041.jpg
フロマージュ屋さんを覗く
c0338062_15211558.jpg
う・ま・そ・う
c0338062_15211824.jpg
日本の3割安くらいで

おいしさは、倍
c0338062_15212241.jpg
地下は
c0338062_15212685.jpg
カーヴでした
c0338062_15212941.jpg
ランチを食べに
c0338062_15213388.jpg
甥っ子のオススメ

マ・キュイジーニへ
c0338062_15213624.jpg
気さくなオーナー
c0338062_15214070.jpg
落ち着く店内
c0338062_15214362.jpg
ワインリストは

価格順
c0338062_15214782.jpg
アペラシオン別じゃないので

すごく見易い
c0338062_15215120.jpg
トイレには

日本では見かけないペーパータオルと
c0338062_15215433.jpg
常連さんの写真
c0338062_15410192.jpg
お料理スタート
c0338062_15220585.jpg
ワインは

ラフォン2006年
c0338062_15223622.jpg
予想通り
c0338062_15220977.jpg
この料理から
c0338062_15221269.jpg
デザートまで

c0338062_15222418.jpg
二人とも
c0338062_15223257.jpg
引っ繰り返りっぱなし
c0338062_15221684.jpg
パンも当然おいしい
c0338062_15222082.jpg
指さしフランス語本で

会話する
c0338062_15224061.jpg
デザートは

マダムと選ぶ
c0338062_15224338.jpg
おいしそーと戻ってきて

出たのが
c0338062_15224635.jpg
フロマージュブランと
c0338062_15225044.jpg
アーモンドケーキ
c0338062_15225336.jpg
ご満悦
c0338062_15225806.jpg
こんなとこで

ミュジュニー

飲みたいですなあ
c0338062_15230257.jpg
定食28ユーロ

大満足ですがな

[PR]

by kimurayasaketen3 | 2016-02-27 16:37 | Comments(0)
2016年 02月 26日

月火水と試飲買付でした

c0338062_12315544.jpg
出羽桜「純米吟醸・雄町」

しぼりたて@1404

限定品
c0338062_12343108.jpg
月曜日

福岡
c0338062_12335504.jpg
たくさん利き酒して

注文してきました
c0338062_12341745.jpg
R・パーカー5つ星生産者

サンタデュックさん来日
c0338062_12342030.jpg
ジゴンダスの土壌や

CNDPについて講義があり
c0338062_12342461.jpg
説明を受けながら

デギュスタシオン
c0338062_12342874.jpg
ナンシー

いつのまにか、フランス語ペラペラ
c0338062_12344537.jpg
火曜日

福岡
c0338062_12343529.jpg
こちらも夕方まで

200本試飲
c0338062_12344228.jpg
カンパーニャから大御所マストロさん来日

アクア三角シェフが2つ星リストランテ勤務の時は

確かここのワインがメインだったとか
c0338062_12343991.jpg
こちらもたくさん注文出しました

おたのしみに
c0338062_12345060.jpg
マツダから記念オーナーメント届いた

そうかCOTY受賞したもんね

[PR]

by kimurayasaketen3 | 2016-02-26 12:44 | Comments(0)
2016年 02月 25日

「シモン・ビーズ」のビーズ千砂さん来福

c0338062_11060310.jpg

昨晩は

美しいお姉さまと会食でした

(フランスのまな板をお土産に頂く・謝)
c0338062_13252257.jpg
英君

無濾過生原酒

五百万石&山田錦
c0338062_13251907.jpg
一升瓶も有里枡
c0338062_13261488.jpg
昨日は福岡

ラックさんの試飲会に初参加
c0338062_13262105.jpg
モンジャール・ミュニュレ

ジャン・グリヴォ
c0338062_13254508.jpg
ルフレーヴ

アルベール・グリヴォ
c0338062_13255646.jpg
デュジャック

ユーベル・リニエ

錚々たるメンバーを
c0338062_13254842.jpg
一通り試飲したあと
c0338062_13254201.jpg
(グラスを割る粗相もしましたが)

今回の目的である
c0338062_13260850.jpg
じゃーん
c0338062_13255924.jpg
ビーズ千砂さんが造る

c0338062_13260575.jpg
シモン・ビーズの

垂直試飲
c0338062_13253833.jpg
レ・ブルショ
2011年
2012年
2013年
c0338062_13255162.jpg
1erレ・フルノー
2011年
2012年
2013年
c0338062_13253524.jpg
レ・タルメット
2011年
2012年
2013年

c0338062_13260205.jpg
シモン・ビーズのワインは

来月入荷します

これからは、定番にしますので
c0338062_13253079.jpg
どうぞおたのしみに〜!

イエイ



千砂さん、仲良くして頂いて有難うございまーす。

[PR]

by kimurayasaketen3 | 2016-02-25 14:25 | Comments(0)
2016年 02月 23日

シモン・ビース 後編

c0338062_18334554.jpg
ビーズ千砂さんに

蔵を案内して頂く
c0338062_18435982.jpg
発酵は昔ながらの木樽
c0338062_18345684.jpg
醸したワインは

タンクで熟成
c0338062_18351189.jpg
不作の時は

このタンクの1/3しか入らない事もあるとか
c0338062_18351628.jpg
さて

試飲です
c0338062_18352035.jpg
まずは


c0338062_18352450.jpg
2014年レ・ペリエール
c0338062_18352837.jpg
スタンダートな白とのことですが

ひじょーにキレイな味わいがあります

かんなり
c0338062_18353119.jpg
知的な千砂さんに

他では聞けなかった

テクニカルな事とか聞いてみた

日本語だから(嬉)
c0338062_18353557.jpg
オーゲット2014年

マグナム120本

ジェロボアム10本
c0338062_18354999.jpg
このあたりから

緊張が解れて話が弾んできた
c0338062_18355323.jpg
白は

樽発酵
c0338062_18355683.jpg
作業場
c0338062_18360032.jpg
出荷前
c0338062_18360366.jpg
エチケットは手貼り
c0338062_18360806.jpg
そして

右・パトリックさんと一緒に

本格的なテイスティングのはじまり
c0338062_18361423.jpg

サヴィニー・レ・ボーヌ村
c0338062_18361762.jpg
歴史や
c0338062_18362566.jpg
伝統を
c0338062_18362860.jpg
じんわり感じれる部屋でした
c0338062_18363638.jpg
まず

フルボトル2本

ハーフ1本
c0338062_18365543.jpg
いきなりプリミエクリュ

2011年レ・フルノー

美しいルビーレッドですよね
c0338062_18370588.jpg
パトリックさんからも

説明を聞いてるような感じで

ぐいぐい飲んでいき
c0338062_18372133.jpg
NHK・BS←注目~

で放映された

セルパンティエールも
c0338062_18372818.jpg
2007年と2008年の

畑の手入れの違いを

ワイン造りに重要な事をじっくり聞きながら
c0338062_18373216.jpg
呑み比べ

病気にかかっていた2007年

ビオディナミを試した2008年
c0338062_18373706.jpg
この違いに驚くボク

ははあー
c0338062_18380182.jpg
じゃあ

次はカーヴに行きましょう、と
c0338062_18381062.jpg
地下に降りる
c0338062_18381310.jpg
ストック
c0338062_18381611.jpg
樽熟
c0338062_18382032.jpg
どれ開けようかしら


c0338062_18382383.jpg
千砂さんが
c0338062_18382622.jpg
ストックから選んだのが
c0338062_18383665.jpg
パトリックさんが好きだった

オーゲット1990年
c0338062_18371262.jpg

オーゲット、とてもとても印象に残る味わいでした
c0338062_19120762.jpg
実は

お土産にあげるわ

と持って帰ってチビチビ呑んでたんですケド

8日経っても、タレない!
c0338062_18385766.jpg
途中

ご近所の有名な蔵

トロ・ボーさんの御主人と一緒に飲んで

(いったい何本空けたんだ?)
c0338062_18390595.jpg
イエイ
c0338062_18391409.jpg
そしたら

息子ユーゴくん登場
c0338062_18392237.jpg
イエイ
c0338062_18394025.jpg
ナンシー

とっても仲良させてもらって

チョーご機嫌
c0338062_18394888.jpg
帰りは

千砂さんのVWパサートで

ボーヌまで送って頂く(謝)
c0338062_18395387.jpg
歩いて2時間
c0338062_18395751.jpg
サヴィニーレボーヌ村にある
c0338062_18400085.jpg
ヴィニュロン
c0338062_18400472.jpg
シモンビーズは
c0338062_18400817.jpg
僕らのワイン観をも変える出会いでした
c0338062_18401137.jpg
パトリックさんの意志を継ぎ

c0338062_18401598.jpg
前を向いて進んでらっしゃる
c0338062_18401984.jpg
千砂さんの
c0338062_18402468.jpg
意識が変われば

すべて変わるのよ

という言葉がとても印象的だった善き訪問でありました
c0338062_18393103.jpg
姉御

今度は、博多でお会いしましょー

ほんとうにほんとうにありがとうございましたっ!

[PR]

by kimurayasaketen3 | 2016-02-23 19:22 | Comments(0)
2016年 02月 22日

サヴィニーレボーヌのシモンビーズ

c0338062_11365271.jpg
加計呂麻のヒロさんへ

課題のボトムターンですが
c0338062_11365803.jpg
ボトムは

もっと先ですよね・・・
c0338062_11370345.jpg
手前でターンしてるので

反発力を利用できず

加速がいまひとつ
c0338062_11370837.jpg
いつもトップで

捕まってしまいマス・・・

難しいです、ボトムターン

(宇城組のKさん、撮影ありがとうございました!)
c0338062_11371296.jpg
昨日は、アサイチ脇本

8時までは胸下で遊べました
c0338062_11371695.jpg
ランス
c0338062_13424915.jpg
有名なノートルダム大聖堂
c0338062_13543038.jpg
ステンドグラスは
c0338062_13424763.jpg
シャガールだそうで
c0338062_13425136.jpg
c0338062_13542712.jpg
ジャンヌダルク
c0338062_13425382.jpg
あと6日ズレてたら

ラリー モンテカルロ ヒストリック

見れたのにぃ
c0338062_13425585.jpg
近所のおばちゃんと
c0338062_13425849.jpg
ランスは

シャンパーニュ醸造場が至る所にありました
c0338062_11371998.jpg
チェックアウト

(フランスは、ちーれーな人おおいよお)
c0338062_11372294.jpg
列車の刻印も慣れた
c0338062_11372514.jpg
ディジョン行きSNCF

c0338062_11372833.jpg
ローカル線で3時間半
c0338062_11373162.jpg
あちらは

とにかく農地・牧草地が広い
c0338062_11373445.jpg
3時間半

ずーっと北海道って感じ
c0338062_11373856.jpg
ディジョン到着
c0338062_11374153.jpg
アンヌさんとの待ち合わせがあるので

初タクシー
c0338062_11374483.jpg
ガソリンスタンド
c0338062_11374646.jpg
10分で、マルサネ

ここから
c0338062_11374950.jpg
コートドール(黄金の丘)が

c0338062_11375192.jpg
はじまって
c0338062_11375416.jpg
ヴォーヌロマネに到着

オペルは乗り心地よし

タクシーは20㌔走って35分4400円

c0338062_11571391.jpg
ここが僕らの拠点
c0338062_11571716.jpg
アンヌ・グロさんのコテージ

僕らだけだったので一棟貸し切りでした
c0338062_11582992.jpg
出迎えてくれたアンヌ
c0338062_11583183.jpg
実はブルゴーニュでは

ちょっとしたカリスマな方なのです
c0338062_11583746.jpg

c0338062_11583964.jpg
部屋は2階
c0338062_11583406.jpg
キッチンで

ディジョン駅で買った
c0338062_11584703.jpg
PAULのサラダとパンが

この日の晩御飯

むこうのPAULは、日本のJRにあるようなチェーン展開のパン屋なのに

非常にレベルが高かったです
c0338062_11584484.jpg
マダムグロさんにもお会いして

日本からのお土産を渡すました
c0338062_11585134.jpg
翌朝

早起きして
c0338062_11585355.jpg
葡萄畑を通りながら
c0338062_11585630.jpg
村の足TRANSCOで
c0338062_13543733.jpg

c0338062_13544414.jpg

街のボーヌまでいく
c0338062_11585998.jpg
45分で到着

片道1.5ユーロ(安っ)
c0338062_13544079.jpg
それから
c0338062_11590717.jpg
ガンガン歩きます
c0338062_11590977.jpg
向こうでよく見たマイクロカー
c0338062_11591275.jpg
スイフトとノートも

よく見た
c0338062_11591694.jpg
カングーやシトロエンの商業車

もカッコよかった
c0338062_11591813.jpg
歩いて30分

高速道路を越えて
c0338062_11592173.jpg
サヴィニー・レ・ボーヌへ
c0338062_11592492.jpg
田舎道をさらに歩く
c0338062_11592704.jpg
もう少しで


c0338062_11592939.jpg
フランスの川はとてもキレイ

大きな川もほとんど護岸工事されてません
c0338062_11593479.jpg
冬なので

剪定した枝を畑で焼く風景

よくみかけました
c0338062_11593764.jpg
かわいいおうちが多かった
c0338062_11593918.jpg
またもやマイクロカー

後ろはBX、まだ結構走ってた
c0338062_11594397.jpg
村の中心部を過ぎて
c0338062_11594703.jpg
じゃーん

2時間で目的地到着
c0338062_11594936.jpg
はい

ドメーヌ・シモン・ビーズ・エ・フェス

です
c0338062_11595372.jpg
葡萄が運ばれてくる入り口には

イエスさま
c0338062_11595661.jpg
そして
c0338062_11595934.jpg
じゃーん

ビース千砂さん

登場

[PR]

by kimurayasaketen3 | 2016-02-22 13:04 | Comments(0)
2016年 02月 20日

ボランジェとランスの夜

c0338062_20142777.jpg
向こうに見える

VVFの畑
c0338062_20143315.jpg
塀で囲まれた畑

クロ・サンジャック
c0338062_20143093.jpg
スズキ・サムライ

従業員さんの車
c0338062_20143608.jpg
1850年にフランス全土の葡萄畑が

フィロキセラによって

壊滅的被害を受けましたが
c0338062_20143956.jpg
奇跡的に生き残った畑3つ

(内、クロワ・ルージュは2003年被害に)
c0338062_20144385.jpg
それをブレンドして造るのが

看板シャンパンVVF
c0338062_20144619.jpg
もうひとつの畑

ショード・テール
c0338062_20144909.jpg
テイスティングは

別室で
c0338062_20145250.jpg
NVとロゼとグランダネの3種
c0338062_20145807.jpg
クリスティーナ部長さんに

ご挨拶して
c0338062_20145571.jpg
ソニアさんと記念撮影で終了

遅くまでホントにお世話になりました
c0338062_20150014.jpg
ゴージャスな部屋で

満足げなナンシー
c0338062_20150330.jpg
日が暮れたので

タクシーを呼んでもらう
c0338062_20150567.jpg
エペルネー駅まで

20分
c0338062_20150835.jpg
アウディA6アバントでした
c0338062_20151110.jpg
ランスまでは

SNCFで10分
c0338062_20151451.jpg
ボードに書いてある

「のりばは出発20分前に表示されます」

ということを知る
c0338062_20141492.jpg
ランス
c0338062_20141144.jpg
そういえば前夜

晩御飯を食べに飛び込みで入って

シャンパン呑むも
c0338062_20142074.jpg
日曜なので

食事は6時オーダーストップ

このあと2軒行くも

全店同様

c0338062_20142231.jpg
やってたのは

バーガーキングのみ

日本と変わらん

量は倍だけど
c0338062_20141069.jpg
ケーキ屋は閉店間際に飛び込んで

ホテルでデザート
c0338062_20142411.jpg
国民的クッキー「LU リュ」

も美味しかったデス

隣のNESTEAは、300円でした

[PR]

by kimurayasaketen3 | 2016-02-20 20:32 | Comments(0)
2016年 02月 19日

シャンパーニュ・アイ村のボランジェ


c0338062_13145184.jpg
奈良では

新薬師寺で

十二神将を

ずっーと眺めてました
c0338062_13151091.jpg
そういえば

月曜日ココに
c0338062_13150401.jpg
彼と入りましたが

c0338062_13150750.jpg
まあまあ乗れる腹上でした
c0338062_13031033.jpg

ボランジェの続きです

このかなり急な階段を下って
c0338062_13031375.jpg
ソニアさんの案内で
c0338062_13031635.jpg
冗談でしょと思えるくらいの

50万本という膨大なストックが並ぶ

地下道を

(木村屋酒店から崇城大学まで5㌔が、ずーっと地下道ってすごくない?)
c0338062_13031917.jpg
説明を受けながら

(フランス語ではなく英語)
c0338062_13032334.jpg
ボランジェのこだわりを

(醸造専門用語が頻繁に出てくるので、なーんとなく解る)
c0338062_13032571.jpg
ひとつひとつ教えてもらいながら

進みます
c0338062_13032922.jpg
並ぶピュピュトル

(ボトルを差す台のこと)

c0338062_13033968.jpg
ルミアージュ動顚

(廻して澱を集める作業)

は、全て手作業だそうで
c0338062_13033261.jpg
まぢですか?

何万本も?
c0338062_13033667.jpg
そうなのよ

あははーん

と聞いて

ちょっとボランジェの凄さを垣間見る

c0338062_13034200.jpg
そして圧巻のリザーヴワイン

ステンレスタンクではなく

全てマグナム&コルク栓
c0338062_13034582.jpg
その数なんと40万本

これがボランジェの宝物なの、と
c0338062_13034987.jpg
しかも

そのベースワインは全て樽発酵
c0338062_13035291.jpg
新樽は一切使わないで

5年以上使った

ブルゴーニュ樽を持ってきて
c0338062_13041093.jpg
ここで樽職人が

(なんとMOF、つまり人間国宝)
c0338062_13035801.jpg
樽をバラして
c0338062_13040776.jpg
組みたてながら
c0338062_13040191.jpg
使い続けてるらしいです

c0338062_13040409.jpg
古いのは100年も

使ってるらしく
c0338062_13041392.jpg
こんな酒石が付いたのも

こさぎ取って
c0338062_13035553.jpg
また組みたてて

使い回すそうです

c0338062_13041640.jpg
新樽は木の香りがキツすぎるから

葡萄本来の味わいを大切にしたいの

とソニアさん
c0338062_13043297.jpg

その樽発酵の樽は全部で

3000個
c0338062_13042226.jpg
一部ステンレスタンクを使いますが

c0338062_13042575.jpg
ボランジェの基本は


c0338062_13041993.jpg
スペシャルキュベは更に別室で

発酵熟成を重ね

c0338062_13042957.jpg
特に

看板のVVF

(ヴィェイニュ・ヴィーニュ・フランセーズ)は

この年たった6樽のみ醸造


c0338062_13043577.jpg
そのVVFの畑も

見せてもらえることになりました





[PR]

by kimurayasaketen3 | 2016-02-19 14:48 | Comments(0)
2016年 02月 17日

第3火水木は三連休なので、 京都丹波ワイナリー訪問してます

c0338062_20292231.jpeg
今回は日本のワイナリーです
c0338062_20294616.jpeg
伊丹行きのボンバルディア
c0338062_20293407.jpeg
かなり狭いんですね
c0338062_20582058.jpeg
醸造場みせて頂いて
c0338062_20302425.jpeg
発酵過程と
c0338062_20304869.jpeg
熟成過程と

c0338062_20303669.jpeg
栽培過程
c0338062_20313278.jpeg
営業の坂本さんが丁寧に
c0338062_20295768.jpeg
教えてくださって
c0338062_20300976.jpeg
フランスで見たことを
c0338062_21113632.jpeg
復習するような
c0338062_21112212.jpeg
大変有意義な
c0338062_21110795.jpeg
訪問でありました
c0338062_20314374.jpeg
試飲も
c0338062_20315628.jpeg
沢山させて頂き
c0338062_21205376.jpeg
日本のワインのレベルが上がって来てることを

再認識しました
c0338062_21204096.jpeg
京都・丹波ワイナリーさん

誠にありがとうございました
c0338062_21120023.jpeg
翌日は

奈良・志賀直哉邸へ

ここも

よかったよお


[PR]

by kimurayasaketen3 | 2016-02-17 21:06 | Comments(0)